アラサー女が暇を持て余してるブログ

周りの流れに乗れずに独身のアラサー女が暇を潰すブログ。

スポンサーリンク

アラサー女がひとりでサンリオピューロランドに行ってきた〜ぐでたま・ザ・ムービーショー/レディキティハウス編〜

前回の記事はこちら
himacco.hatenablog.com


1階に降りると、間も無くぐでたま・ザ・ムービーショーが始まるというので駆け込み入場。
郵送の案内にはなかったので、予定に組み込んでいなかったのだ。
またもやひとりという理由で座れた。ラッキー。

実は私、ビジュアル的にぐでたまに全く興味がなく、ぐでたまに関しては何も知識がなかった。
興味がないどころか「なんでこんな新キャラ出してくるんだよ…」とすら思っていた。
ところがどっこい!なんということでしょう。
ぐでたまが大好きになってしまいました…

何も知識がなかった私は、このアトラクションの内容も「ぐでたまのアニメでもやるんでしょ?」くらいに思っていたのだが、全く違った。

公式案内

ぐでたま監督と会話できる参加型アトラクション。
公演中はぐでたま監督に話かけられたお客様は、ぐでたま監督と会話していただきます!

ということで、分かりやすく言うと、ディズニーシーのタートル・トークのようなアトラクション。
例えにディズニーを出して申し訳ない…

え、喋んの?←ここからw

やっぱり最初の掴みは大人の男性を指名していたw
スクリーンに映し出されるので、抱っこしていた娘さんに手を振らせたところ、「だいたいこうやって娘に手を振らせるんだよね」と言われていたw
次はぐでたまグッズを持っていた女の子を指名し、「絶対ぐでたまのこと好きだよね?」と言ったのに、彼女は全身サンリオキャラで固めていて、たまたまぐでたまも持っていた、いろんなキャラが好きな女の子だったww
「ちょっと待て!Tシャツを見せてみろ!!」などと突っ込まれていた。
次回ぐでたまの耳でもつけて目立って参戦したい(ぐでたまの耳って売ってるのだろうか?)

最後は全員参加でセリフを言ったりする。

ぐでたま、アリだな。


次はレディキティハウスへ。
キティと既に写真を撮った私としては、自分のカメラでは撮れないのにマストでキティと写真撮影、欲しい人は有料。なここはそんなに…という感じだったのだが、1階でショーが始まり身動きが取れなくなったので行ってみた。

まずは個室に通されて動画を見る。

ご先祖様には髪の毛が生えているらしい

セレブな気分を味わって欲しい、と館に入る

和室があったり

座っていいのかよくわからないいす

ドレス

いまいち私にはハマらず、退出しようとするもキティとの写真撮影待ち。
1本500円するバラをキティにプレゼントすると、お返しのプレゼントを貰えるのだが、なんと前の女性は2本も購入していた。
マジか。すごいな。

こんなキティが待っていた。
購入しないことは決まっているが写真撮影。

なんだかんだわちゃわちゃした。



そろそろいい時間なので昼食をとる。
そんなにお腹が空いているわけでもなかったが、キャラクターがモチーフとなれば話は別だ。

カレーとラーメン。カレーサイドに並ぶ事は即決定。

先ほどのぐでたまの功績を讃えてだり〜ライスにしようか、ここはやはりキティか…などと迷ったが、素直に食べたい、特にまだ何もしていないプリンを選んだ。

見本と違い、若干取って付けた感のあるハンバーグ。冷凍感がすごいが、チーズも入っていて凝っている。

子供も食べるからか、温度は低めである。

12時台に行ったのだが、難なく座れた。
その昔夕飯を食べた時は2組くらいしかいなかったので、混まないのがデフォルトと思われる。

次回、やっと株主総会

スポンサーリンク

ミュゼ