アラサー女が暇を持て余してるブログ

周りの流れに乗れずに独身のアラサー女が暇を潰すブログ。

スポンサーリンク

アラサー女がひとりでサンリオピューロランドに行ってきた〜マイメロードドライブ/ミラクリュージョン★スターライトドリーム編〜

前回の記事はこちら
himacco.hatenablog.com


閉園までラストスパート。ここからの私のスケジュールは忙しい。

16:55パレード終了/マイメロードドライブへ
17:20-17:30ミラクリュージョン★スターライトドリーム
17:30-18:10ちっちゃな英雄
18:00閉園

パレードが終わるとすぐにマイメロードドライブへ。
やはり乗り物もひとつは乗っておきたい。パレード直後に行くと、列は短め。

公式より

マイメロディのライバルキャラクター「クロミ」が考案した「エコ・マイメロカー」に乗って、「マイメ ロディのお家」「いちご畑」「かくれんぼの森」などマイメロディ達が暮らす「マリーランド」をぐるっと一周巡るライドアトラクションです。
アトラクション内では6つのフォトポイントがあり、撮影した写真は降車後、スタンプやペンツールなどで自由にデコることもできちゃいます!

こちらが入り口

このエコカーに乗り込み、入り口だけ外で、あとは扉から中に入る。

そして私には試練が待ち受けていた。
それは、上記にもある6つのフォトポイントのうち、ひとつが外にあるということだ。
しかもそこには順番待ちをしているギャラリー推定50名がいる。
推定50名の前でカメラに向けて笑顔を作る31歳1名。さすがに気まずさを覚えたその時、目の前にいた3歳くらいの子どもが駆け寄ってきて大きな声で言った。

「この人どうしてひとりなの?おかしいよ!!!」

お母さん「静かにしなさいっ!!」




みなさん、私がさぞ辛かっただろうと思うかもしれないが、安心してください。
何も感じなかった。
閉園まで1時間を切ったというこの時に、初めてひとりであることへのコメントが私へ届いたわけだが、こんなひとつの中傷コメント(←大げさ)よりも、8時間に及ぶひとり行動への満足感の方が優っていた。

もはや私はひとりで来たことに誇りさえ持ち始めていた。

「天使なんかじゃない」のマミリンこと麻宮裕子の「自分に誠実であれば胸を張っていられるものなのね」というセリフを思い出した。
さっきまで写真撮影くらいで試練だと思っていた自分がバカバカしい。実際言われてみたらなんとも思わなかった。
先方の母は気まずかったかもしれないが、エコカーは止まることなく私を中へいざなってくれたので、両者が目を合わせることはなかった。


中はこんな感じ。
メルヘンの代名詞のような世界である。

残る写真は5スポット。
3スポット目までは律儀にカメラ目線で笑顔を作っていたが、私は途中で気がついた。
どうせ買わないのだから、そんなことしなくてもいいだろう、と。
そしてついに自撮りレンズを使う時がやってきたのだ、と…!!
購入して早10ヶ月。未だ1度も活躍していない自撮りレンズ。

↓こういうやつ
携帯に装着するだけで広い範囲を撮影してくれる。広角レンズと呼ばれていて、セルカ棒いらず。

結果…

ろくな写真が撮れなかった

写真を撮ろうとアワアワしてしまい、内容はあまり頭に入ってこなかった。
失敗である。
このレンズを使いこなすには、普段から自撮りの練習が必要だと感じた。


エコカーから降りた時点で時刻は17:18。
ミラクリュージョン★スターライトドリームは20分からだ。急がねばならない。
少し時間があれば(買わないのに)写真をデコったりもしてみたかったのだが、素通りして競歩並みの早足で移動。

公式より

みなさんが心にいつも思っている夢や願いはなんですか?
ピューロビレッジに輝く夜空にながれる流れ星に願いをかけると、いつか願いが叶うとか!?
キティ、ダニエルと一緒に、夜空の流れ星に願いや夢を届けましょう!

眩いばかりにキラキラ輝くイルミネーションがパワーアップしてお贈りする光のファンタジーイリュージョン

時刻はまだ17:20だが、お子さん連れや地方から来た方が多いせいか、ショー待ちは人が少なかった。ソロ活男性に挟まれて鑑賞w
2階から見て、こんな感じ。

天井は星空のようにライトアップされていて、なかなか癒される。
無心で見ていたので、お願い事をするのは忘れた。
終わらないうちに最後のショー「ちっちゃな英雄」に向かった。


つづく

スポンサーリンク

ミュゼ