アラサー女が暇を持て余してるブログ

周りの流れに乗れずに独身のアラサー女が暇を潰すブログ。

スポンサーリンク

アラサー女がひとりでサンリオピューロランドに行ってきた〜ポムポムプリン グリーティング編〜

株主総会の開始待ち中、ゆっくりパンフレットを読んでいたところ、目に入ったQRコード…

なんということでしょう…
キャラクターグリーティングのスケジュールはちゃんと開示されていた…!!!

そして悲しいことに、この待ち時間にまさにマイメロちゃんの最終グリーティングが開催されていることが発覚した。

もう少し早く分かっていれば…!!
しかし悔やんでも仕方がない。
残る主要キャラはポムポムプリンのみ。
そしてプリンは15:30に最終グリがある。総会終わりで十分間に合う。
ここは押さえねばならないだろう。何と言ってもわたしは実はポムポムプリンアンバサダーなのだ。

↑アンバサダーに提供される画像

私の本命であるマイメロちゃんやキキララちゃんのアンバサダーも募集して欲しい。


懇談会に出ず、15:20にはピューロに帰着。
キャンディファクトリーに行くと、キティちゃんのグリーティング中だった。
流石はサンリオの顔キティ。他のキャラよりも列が長い。
今から並べば私のころにはプリンちゃんに代わるだろうと思いそのまま並んだ。
※スケジュールが決まっているグリーティングは、列に並んでいようと、時間になったらキャラクターがチェンジする。

そして事件が起こる。

15:30になり、容赦なくキティからプリンにチェンジしたその時、

「ふざけんなバカヤロォォォ!!!!」

オヤジが発狂し始めた。

「あと少しってところで、楽しみにしてたのに交代とかふざけんなよ!!!!」とお姉さんに詰め寄る。

あー…絶対あるよね、こういうこと。
あまりの発狂ぶりにオヤジの子供も泣きそうである。

お姉さん「時間なので…」
オヤジ「時間じゃねーよこのやろォォォ!!だったら前もって言っておけよ!!目の前でふざけんな!!!」

オヤジよ、時間は…前もって知らされているのだよ…
パンフレットの右上を見てみなさい…?
オヤジに歩み寄ってQRコードを読み込んだ私の携帯を見せてやろうかと思った。
私の後ろに今来たおばさまが「何あの人怒ってんのぉ?」と言ってきた。この怒号を聞いておきながら、なかなか楽観的である。
あまりの発狂ぶりに、スタッフの若い女性がどうにかできるレベルではなくなっていて、これ男呼ばなきゃダメだろ…と思っていたその時である。

「キャラクターはみんな同じだろー!!!」

まさかの、私の隣に並んでいたソロ活男性が叫んだ。


オヤジ「キティちゃんのために並んでたのに目の前で何が来るのか分かんないのに代わったんだよぉぉぉ!!!」

男性「それが楽しみなんだろうがー!!誰が来るのかが楽しみなんだろうがー!!」
おばさま「そうよそうよー!!」


ちょwwwおばさま今来たばっかりなのに相の手www
男性のサンリオ愛半端ない。
でもあえて言おう。誰が来るかは分かっている。

オヤジ「ふざけるな、こんなのおかしい!!そうだろう!!」

男性「そう思うなら株主総会で意見言ってこいバカヤロォ!!」

周りが小声で「確かに…」と言ってクスクスし始める。

オヤジ「ああ、行ってやるよ!!」
男性「もう終わってるよォ!!」
私(懇談会(と言う名の社長の独演会)には間に合うよ)

このやりとりをなん度も繰り返し、あまりの発狂ぶりにプリンのグリーティングも進んでいない。
ここまで言われてはプリンもさぞ気まずいであろう。
私も「プリンちゃんの気持ち考えろー!!」と叫んでやろうか、とか、「スケジュールは開示されてますよ」と諭したり、「お子さん怖がってますよ。みんなで楽しくやりましょうよ」とかやろうかと思ったが、登場人物が多くても混乱するのでソロ活男性に行く末を委ねた。

男性「黄色い服着てんだからちょうどいいだろうがー!!」
おばさま「そうよー!」

オヤジは、見事に黄色一色のTシャツを着ていた。
周り笑いの渦。
もはやオヤジに勝ち目はない。
オヤジは怒りながら、プリンとの写真も撮らずに何処かへ消えた。
お子さんがかわいそうだ…

オヤジが消えてからは平和にグリーティングが進み、私も無事プリンと撮影。
プリンよ…あんな出来事がありながら、よくぞ笑顔で…!!

この服なら裸の方がいい気もしなくはないw
リニューアルしてあげてwww



ブチギレないにしても、こういう風に思う人は結構いると思うし、スタッフの安全のためにも交代制は考えた方がいいと思う。
投書してみようかな。



つづく

スポンサーリンク

ミュゼ