読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー女が暇を持て余してるブログ

周りの流れに乗れずに独身のアラサー女が暇を潰すブログ。

スポンサーリンク

相席屋に行ってみた口コミ体験談(前編)

皆さん「相席屋」をご存知だろうか。

http://aiseki-ya.com/aiseki-ya.com

相席屋は他のお客様と相席になる居酒屋です。

知らない人と相席になる事で新たな出会いや発見、楽しみが見つかるはず!!友達作りや恋人作り、
婚活等々たくさんの人との出会いの幅を広げます。
お酒を飲んで食事を楽しみながら、ワイワイ気軽に出会いを楽しんでください!!

相席屋HPより

いや、肝心なところが抜けている。
相席屋は女性は飲み放題無料、男性は最初の30分が1500円、以降10分ごとに500円がかかる。
食べ物については店舗によって違うみたいなので調べてみてください。
と言いつつ女性はアプリでクーポンDLすればたぶんどの店舗でも無料です

つまり、女性はタダで合コンできるってことです

アツい。アツいわー。


その相席屋に友人が行ったので感想を聞いたところ、

「全部タダは奇跡。
タダだからある程度は許せる。
ハズレても会計のストレスがないからかなり楽」

と返信がきた。
なかなか上から目線である。
そんな我々も大した女ではない。
男性側はハズレても会計をしなければならないのでかなりのストレスだろう。

我々は出費がなければ全てをヨシとすることができる人種である。
変なやつが合コンに来ようと、奢ってくれさえすれば文句は言わない。
※ただしその後のネタにする。
そんな我々に相席屋はぴったりだ。

行 く し か な い


相席屋に耐えうるメンタルを持った友人を誘って突撃することにした。

私は事前調査に余念がないタイプである。
どの店舗に行くかは非常に重要だと思いネットパトロールに出たのだが、意外と情報が出てこなかった。
その上、「相席屋に来る女は乞食だ」「相席屋でお持ち帰りしたい」という思いがつまった男性のブログが複数でてきたため、私のテンションはかなり下がった。
不真面目な文章を書いているが、私は根が結構真面目だ。
300BARも相席屋も将来のパートナーを探しに行くために挑んでいる。
そんなとこにいねーよ、と言われそうだが、藁をもつかむ思いなのだ。

店舗選びは重要だ。
やはりその土地によって集まるタイプは違う。
私が行ける店舗は新宿歌舞伎町、新宿東口、渋谷、池袋西口、南池袋、六本木、錦糸町、上野、赤羽あたりである。
渋谷は若そうだし、六本木はハイソサエティそうだし…などと色々検討した結果、我々は新宿東口店に行くことにした。
新宿東口店は5月20日にオープンしたばかりのできたてほやほやである。

東口を出て店に向かうと、外ではかわいいお姉さんが客引きをしていた。
私「いい出会いありますか?」と聞いてみた。
お姉さん「・・・・・っ」
私「あ、無いんですねー!!!」

終わった。

終わったが店に向かう。
今日はこのために新宿に来ている。
相席屋に直行直帰なのである。予定変更はできない。

エレベーターに乗り相席屋の前につくと、前に男性が並んでいた。

行けるるるー!!

どんな男性が来るのかと思ったら、イケメン寄りの男性並んでまーす

お店に入ると、店員さんに「マッチングに使うので年齢教えてください」と言われた。

やるじゃないか相席屋!!

トラウマの40代街コンの二の舞にはならなそうである。

そしてそして店内を見回すと、なんと!男女ともに容姿レベルが高い
顔もかわいい&かっこいい寄り。体型も普通。変な服を着ている人もいない。
普通にみんな合コンで来たらアタリの部類である。

俄然期待が持てる展開。
これは予想してなかったー!!

お店の状況を見ると、女性の方が余っている様子。
そりゃそうか。女性はタダだしな。
中には結婚式帰りと思われる女性もいたwすごいな。
私たちは食事をして待つことに。
新宿東口店は自分で取りに行くバイキング形式だった。
お酒も2杯目からは自分でドリンクバーで作る(これが作り方がよく分からない)。
*私は後にこの制度は素晴らしいと思うことになる

メニューはからあげやパスタ、フライドポテトなど。
常時10種類くらいはあって、メニューはちょいちょい入れ替わる。
女性が余っているためしばらくは友人と2人でふつうに話す。
タダ飯なので男性が来なくても気にならない。
最初に取ってきたご飯もなくなり、私はおかわりを取りに向かった。

バイキングのブースは入り口近くにあるため、新規のお客さんが見える。
そして、私の目に2人組の男性が目に入った。
失礼を承知で言う。私をひどい奴だと思うだろうが、私は思った。

「あー。あの2人がきたらキツイな」

そして更にこう思った。「ああいうの、たぶん私のとこに来る運命だな」と。

この時点で男性待ちの女性は5~6組はいたであろう。もしかしたらもっといたかもしれない。
でも私は直感でそう思った。我々はそういう役回りなのである。
私は料理を取るのをやめて急いで席に戻った。
友人に「ねぇ、聞いて。今ね、新しい人が来たんだけど、結構キツイの。それでね、多分「失礼しまーす」
店員「男性がいらっしゃったので相席になりまーす」

ほwらwねwwwwww


つづく

スポンサーリンク

ミュゼ